toshpit

Tosh Land

洗濯と掃除を効率的に!ズボラでも楽チンに!

【2022年版】ナノックスとアタックぜロを徹底比較!

nanox attackzero

今回は液体洗濯洗剤、トップのナノックス(SUPER NANOX)とアタックのゼロ(Attack ZERO)の洗浄力比較(2022年版)です!

過去に同様の比較実験をした記事がありますが、洗剤は年々マイナーアップデートされるため、2022年に市販されているそれぞれの商品を比較してみました!

実際に布に汚れを付着させ、それぞれ同じ環境下で洗浄実験を行った結果をご紹介します。

 

成分などについて

ナノックス

  • 界面活性剤 57%
  • 安定化剤
  • pH調整剤
  • 再汚染防止剤
  • 酵素

 

アタックゼロ

  • 界面活性剤 51%
  • 安定化剤
  • 酵素

 

結論から言うと、アタックゼロがここ数年でダウングレードしました。

特に界面活性剤の濃度は、かつては同じ濃度だったのに対し、最新版だと以下の関係になっています。

アタックゼロ < ナノックス

濃度が同じだった頃の実験結果は別の記事で紹介してますので、よければ以下のリンクから読んでみてください。

界面活性剤の濃度は洗浄力に直結していて、濃度が高いほど汚れが良く落ちます。

2022年時点で売られている最新の「ナノックス」、「アタックゼロ」については、ナノックスの方が濃度が高いので、こちらに分があると言えるでしょう。

界面活性剤の種類については、どちらの商品もアニオンとノニオンの界面活性剤を使用しており、ここで大きな差は無いように思われます。

ではここからは、実際に洗浄力比較実験を行った結果をご紹介していきます

 

液性

これはどちらも商品パッケージに書いてある通り、中性です。

仮にアルカリ性だと洗浄に有利な場合がありますが、今回はどちらも中性なので、液性による洗浄力の差は無いでしょう。

 

実験で洗浄力比較

洗浄中

概要

この実験方法は、まず布を用意し、その布に汚れ(皮脂汚れや食べ物汚れ)の代わりとしてラー油を1滴を付着させます。

なぜラー油かと言うと、成分としては皮脂汚れと基本的に同じなため、日常生活で一番つきやすい皮脂汚れの代替という理由です。

そして2つのコップにそれぞれ同量の水を入れ、洗濯機のようにそれぞれ同じ回数かき混ぜる、というものです。

使う洗剤の量については、それぞれの商品パッケージに記載されている、使用推奨量を採用します。

  • ナノックス:水30Lに10mL
  • アタックゼロ:水30Lに10mL

今回使用する水の量は200mlなので、洗剤の量は両方とも0.2mlとなります。

 

結果

実験結果

洗浄実験前が画像の上側、実験後が下側です。

非常にわかりづらいと思われたでしょう。その通りです。
肉眼でも差が無いほど、汚れ落ちに差は認められませんでした

確かに、どちらも洗浄前の状態と比較すると僅かに汚れは落ちているものの、どちらもあまり落ちておらず、その差も無いという結果になりました

前述した過去の実験ではしっかり差のある結果となっていたために、アタックゼロのダウングレードには非常に残念です。

 

ニオイ落ちについて

実験を通して、どちらの方がよりニオイ落ちが良かったのかを、主観ですが紹介しておきます。

結論から言えば、どちらも同じようなニオイ落ち度で、ラー油のニオイはまだまだ残っているという感じでした

汚れ落ち度合いによってニオイ落ちも比例してくるので、汚れが残っている時点でニオイも言わずもがな、という感じではありますけどね(笑)。

 

まとめ(考察とおすすめ)

2022年で販売されている「ナノックス」と「アタックゼロ」の洗浄力には差が無いと言う結果になりました。

過去に売られていた商品の比較では、もっと汚れ落ちに差がある結果となっていたので、やはり界面活性剤の濃度は重要だということが分かります。

特に、2022年になってからは世界情勢を含む、原材料費の高騰をうけ、メーカー側も界面活性剤の使用量を減らさざるを得ない状況になっている、と考えられます

 

おすすめ

弊ブログでは、中性の洗剤では特に「さらさ」をおすすめしています

これは、洗浄力に申し分もなく、成分も優しめであることが理由です。
詳細な内容は以下の記事で紹介していますので、よければ読んでみてください。

 

衣類についた血液汚れを2ステップで落とす!【NG例も】

血液落とす洗剤血液汚れは洗濯をする中でも、トップレベルに落としづらい種類の汚れです。

家庭の洗濯機でも落とすことは出来ますが、絶対にやってはいけない行為と、汚れ落としのための手順を知らないと、2度と落ちることのないシミになってしまいます

では、その絶対にやってはいけないNG行為と、汚れ落としの手順について解説していきます!

 

NG行為とは

血液汚れは、普通の皮脂汚れとは全く別の種類の汚れなので、皮脂汚れと同じ方法で落とそうとすると逆にガンコになる場合があります。

1つずつ解説します。

 

お湯は絶対使わないこと

沸騰したお湯はもちろんのこと、ぬるま湯程度のお湯でも、血液汚れに対しては使用しない方がいいです。

血液汚れは、基本的にタンパク質で構成されているため、高温になると凝固して、繊維の中で固まって取れなくなってしまいます。

お肉をイメージするとわかりやすかもしれません。
ひき肉は、調理前は好きな形に整形できますが、調理後は固まってしまい、再び好きな形に整形することはできません。

 

何日も洗わない

血液汚れは早めに対処すればするほど、落ちやすくなります

反対に何日もそのままにしておくと、非常にガンコになってしまい、落ちきらないような汚れとなります。

汚れがついてしまった段階で、軽く水洗いして、汚れをある程度おとしておくのがおすすめです。

 

 

血液汚れの落とし方2ステップ

ここからは血液汚れを落とす手順を解説していきます。

実際に、以下の布に付着した血液汚れ落としをやった結果も併せて紹介します。

blood on

 

ステップ① 洗浄剤

まずは酸素系の漂白剤を汚れに直接かけます。

使うのはワイドハイターで、酸素系漂白剤のため、色柄物にも安心して使えます。

 

実際にかけてみた結果です。

血にワイドハイター

汚れの部分が白く泡立っています。(時間が経った汚れだと泡立たないこともあります)

この状態で、数分ほど放置します。
目安としては、泡が全て消えかける直前ぐらいです。アバウトで大丈夫です(笑)。

 

ステップ② 普通に洗濯

そして普段通りの洗濯をします。

このとき、水温の設定は注意してください。(特殊な設定などしていないで、普通に水道水で洗えれば大丈夫です)

また、使用する洗剤は"酵素"が入っているものがいいです。
これは血液汚れがタンパク質であるため、酵素がこれを分解する働きを持っているからなんです。

私のおすすめは「さらさ」ですが、まあ"酵素"が入っていればどれでもOKです。

 

1回の洗濯では落ちきらないこともあるので、何回か洗濯してみてください。

先ほどの布は、2回洗濯して、このようになりました!

血液落とした

赤枠で囲っている箇所が汚れのあったとこで、わずかに残っていますが、ほとんど落ちたことがわかると思います。

特に汚れの浅い部分や、面積の小さかった箇所は完全に落ちました!

 

まとめ

血液汚れを落とす手順は以下の2ステップでした!

  • ワイドハイター をかけて数分放置
  • 何回か普通に洗濯する

今回紹介した方法で落ちきらないようなガンコな汚れは、一般家庭用の洗浄剤ではおとしきれないので、クリーニングに出すのが賢明でしょう。。

【さらさ vs 緑の魔女】洗濯用洗剤を徹底比較!

さらさ 緑の魔女 洗濯洗剤

今回は「さらさ」と「緑の魔女」という洗剤の解説・比較です。

この2つの洗剤の共通点は、どちらも環境や肌に優しいといったキャッチコピーで売り出されている点です。

はたして、環境に優しい洗剤は汚れをしっかり落とすことができるのか。

どちらの洗剤がより洗浄力が強いのか、安全性が高いのか、より肌への刺激を抑えるにはどうしたらよいか、などを中心に解説します。

 

成分など

さらさ

  • 界面活性剤 23%
  • 安定化剤
  • pH調整剤
  • 水軟化剤(クエン酸
  • ケア成分(コットンミルク)
  • 酵素

 

緑の魔女

  • 界面活性剤 35%
  • アルカリ剤
  • 分散剤
  • 安定化剤
  • 生分解促進剤

 

「さらさ」と「緑の魔女」の違いは多々あり、汚れ落ちに関しては界面活性剤の濃度と酵素の有無が大きそうです。

界面活性剤の種類は、「さらさ」がアニオンとノニオンの2種類の界面活性剤をブレンドしているのに対し、「緑の魔女」はノニオンのみです。

ノニオンの界面活性剤は、肌への刺激が優しめで、洗浄力もしっかりあります。

アニオンの界面活性剤は洗浄力がとても強い反面、肌や環境への影響があることで知られています。

 

成分的には緑の魔女が環境と肌に優しい

上で述べたように、成分の差は色々ありますが、「緑の魔女」には「生分解促進剤」が配合されています。

これは、洗濯後に生活排水として処理されていく過程で、自然に戻せるレベルの水にしやすくするものです。
環境に配慮したプラスチック製品には広く用いられています。

また、前述の通り「緑の魔女」ではアニオンの界面活性剤が不使用なため、環境によくないとされるLAS配合の洗剤と比較すると、環境に配慮した洗剤と言えるでしょう

 

液性

pH はアルカリ性に傾くほど、皮脂汚れや食べ物汚れなどの油汚れがよく落ちます。一方で肌への刺激は比較的強めになってきます。

「さらさ」は中性で、「緑の魔女」はアルカリ性のため、液性による肌への刺激は「緑の魔女」の方が強めと言えるでしょう。

実際に「緑の魔女」のpHを測ってみました。

ペーハー

数値としては9なので、弱アルカリ性の洗剤の中では標準的なラインですね。

※10までは弱アルカリ性として認められるため、強い洗剤は10のものがあったりします。

 

実験で洗浄力比較

実験

概要

この実験方法は、まず布を用意し、その布に汚れ(皮脂汚れや食べ物汚れ)の代わりとしてラー油を1滴を付着させます。

なぜラー油かと言うと、成分としては皮脂汚れと基本的に同じなため、日常生活で一番つきやすい皮脂汚れの代替という理由です。

そして2つのコップにそれぞれ同量の水(200ml)を入れ、洗濯機のようにそれぞれ同じ回数かき混ぜる、というものです。

使う洗剤の量については、それぞれの商品の推奨量から算出します。

商品パッケージに記載されている使用推奨量は以下の通りです。

  • さらさ:水30Lに26mL
  • 緑の魔女:水30Lに20mL

使用する水の量から考えると、

  • さらさ:0.17mL
  • 緑の魔女:0.13mL

となります。

 

結果

実験結果

洗浄実験前が画像の上側、実験後が下側です。

僅かな差で画像からは分かりづらいですが、「緑の魔女」の方が「さらさ」よりも汚れが落ちていました。

アルカリ性であることがこの結果に寄与したと考えられます。

 

ニオイ落ち

今回の実験で、どちらの方がよりニオイ落ちが良かったのかを紹介しておきます。

結論から言うと、「緑の魔女」の方がマシでした。

というのも、やはり汚れが落ち具合の差は僅かだったため、ニオイ落ちにはそこまで大きな差はありませんでした。

 

まとめ(考察とおすすめ)

今回の比較では、特に汚れ落ちは「緑の魔女」の方が僅かに「さらさ」よりも優れている、ということがわかりました。

配合されている界面活性剤の種類や、pHの差によってこのような結果となったと考えられます。

 

 

緑の魔女の注意点

ここまで記事を読んでくださっている方だけに「緑の魔女」の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、酵素が配合されていないことです。

酵素にはタンパク質を分解する役割などがあり、今回の実験では油分のみの洗浄力比較だったため、血液のような汚れはあまり得意でないでしょう。

2つ目は、ウールなどの毛で作られている衣類に使用しないことです。

まあ、当たり前と思われる方もいるかもしれませんが、ホツレや縮みを引き起こす恐れがあります。

これは生分解促進剤が含まれていることと、弱アルカリ性であることが特に関わってきます。

中性の洗剤であれば、うっかりウールを洗濯してしまっても少し縮むぐらいで済むのですが、「緑の魔女」でうっかり洗濯してしまうと大変なことになるでしょう。

 

おすすめは?

普段使いする洗剤としては、「さらさ」をおすすめしておきます。

今回の実験でも、洗浄力に大きな差が無かったことと、「緑の魔女」と比較するとコストが安く済みます。

コスパ重視の私としても「さらさ」は普段使いしている洗剤なので、おすすめです。

 

乾燥対策!ベタつかないハンドクリームおすすめ4選

ベタつかないハンドクリーム

日々の水仕事や、アルコール消毒など、現代の生活は手の乾燥が気になりますよね。

人によっては、洗濯物を干しただけなのに指先がガサついてしまう、なんてこともあるかと思います。

でもハンドクリームはベタつくからあまり使いたくない。。

そんな方に向けて、しっかり保湿できてかつベタつかないハンドクリームを4つご紹介します!
(最後に番外編もあります!)

 

おすすめハンドクリーム4選

CHANELラクレームマンリッシュ

 

いい匂いで、とにかくベタベタしません!

シャネルというブランド力もあるため、値段は張りますが、クオリティはピカイチです。

特に女性へのプレゼントなどにおすすめですね。

 

ロクシタン】マンダリンヴァーベナ メルティハンドクリーム

 

クリームのテクスチャが少し泡っぽい感じなのが特徴的です!

匂いもクセが無くて良く、クリームが体温に溶けて馴染んでベタつきません。

値段は安くも高くもなくといった具合なので、普段使いはもちろん、プレゼント用にもいいかもしれませんね。

 

【SWATi】RaW Hand Care Cream

 

生クリームのようにとろけてベタつかないクリームとなっており、スリムな形状で使いやすいです!

やさしい感じのいい匂いなのも良い点です。

原産国が日本で安心ですし、質に対しての値段はそんなに高くないのでコスパもいい商品です。

普段使いにおすすめですね。(パッケージが花柄とかなので女性向きかもですが)

 

少し残念だったもの

【DIOR】ミスディオールハンドクリーム

 

ベタつかず、クリームの質としては文句なく良かったのですが、匂いが強すぎて少し残念でした。

場所を選ばないと香害となってしまうようなレベルで、自分だけで香りを楽しみつつ使うような範囲での使用をおすすめします。

 

おすすめ番外編

ハンドケアという視点から、爪や爪周りの保湿も重要です。

昨今では、ネイルをしていない男性などもネイルオイルを使っている人がいたりと、性別問わず美容意識が高まっています。

でもどれを選べばいいかわからないという方のために、ベタつきの少ないおすすめのネイルオイルを2つご紹介します!

 

【uka】ネイルオイル

 

ロールタイプで使いやすく、小さくて持ち運びもOKな優れものです!

香りは何種類かあるのでお好みを探してみるのもいいですし、一番マイルドなのはbasicなので、まずはそちらから試してみるのもおすすめです。

 

ロクシタン】シア ネイルオイル

 

こちらはオイル感が強く、塗りすぎには注意ですが、保湿力が高いため夜に使うのがおすすめです!

先端が筆のようになっているタイプで、爪の隙間などにも塗りやすく、爪の育成にはバツグンです。

上で紹介したロールタイプのネイルオイルを昼使い、こちらの筆タイプを夜使いとして使い分けするのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

このブログでは、肌に優しい洗剤や、洗浄力の強い洗剤なども紹介しており、やはり洗剤を使うと手荒れなど、どうしてもしてきてしまいますよね。

今回は手荒れを防ぐという意味合いで、おすすめのハンドクリームなどを紹介しました。

ベタつくハンドクリームを使って家事をしていると、どうしても触った場所が気になってしまいます。
そんな問題を、今回紹介したハンドクリームで解消していただければ幸いです!

【激落ちくん】トイレクリーナーは買い!その理由とは

激落ちくんトイレクリーナー

トイレクリーナー シートはどれも一緒だと思ってませんか?

いくら擦っても汚れが落ちないもの、すぐ破れるもの、2枚しか使ってないのにトイレが詰まるもの、賢く選ばないと悲惨なことになってしまいます。

今回は洗剤マニアの私が、激落ちくんシリーズの「クリンぱトイレクリーナー 」を実際に使ってみたレビュー記事です!

 

まず結論から言ってしまえば、このトイレクリーナーは買いです!
その特徴や詳細、使用感などご紹介していきます。

 

特徴:機能性は◎

 

水分を逃さないパッケージ

従来のトイレクリーナーといえば、専用のBOXに入れて保存しておく姿を想像する方も多いでしょう。

でもこの形で保存しておくと、数ヶ月ほど放置していたらシートが乾いてカピカピになってしまったことありませんか?

「クリンぱ」は下の画像のような形で、ウェットティッシュと同じようなパッケージになっており、シートに染みた洗浄液が乾燥しないようになっているんです

くりんばパッケージ

 

シートが肉厚

トイレクリーナーのシートは薄すぎると破れないか心配ですよね。

「クリンぱ」は他の商品と比較しても、2倍くらいの厚さがあるのではというほど、シートの厚みがスゴイです!

実際に手にしてみないことには伝わりませんが、トイレク○ックルやキレ○ラを使用してきた身としては、クリンぱを始めて使った時はビックリしました。

 

一瞬で水に溶けるから詰まらない

水溶け

引用: https://www.gekiochikun.jp/brands/cleanpa/

シートを複数枚使った場合などに気になるのが、流した時に詰まらないか、ということです。
汚れのヒドい時なんかは特にですね。

「クリンぱ」は特殊な製法で作られた紙を使用しているため、水に流すと瞬く間に粉々になります。

実際に使ってみても、2枚は一回で流しても全く問題はありませんでした。
まだまだ余裕はありそうでしたが、10枚など極端な枚数を使用される場合はこまめに流したほうが良いでしょう。

 

サイズ

今使っているシートの箱に入るか気になりませんか?
だいたい、新しい物を買う時に一度は考えることかと思います。

トイレクイックルの箱に入った!

トイレクイックルの箱

袋ごと入れてみました!
ぴったり入っているのが分かりますね。

袋の端の部分のことを考えると、取り出した状態で箱に入れる場合は余裕で入るでしょう。

 

シート

実は「クリンぱ」には2種類あって、それぞれシートのサイズが異なります。

「大判」と書かれている青色のパッケージの商品と、商品名だけの水色のパッケージの商品の2種類です。

どう違うかというと、

青色の「大判」 = 水色のノーマル x 2

となっています。
「大判」には真ん中に点線が設けられており、簡単に半分に切れるようになっているので、半分にしてしまえばノーマルのサイズと同じということになります。

 

汚れ落ちについて

「クリンぱ」のシートに染みている洗浄液の成分は、トイレクイックルなどの商品と同じような構成になっており、汚れ落ちについては問題ないレベルと思います。

 

 

成分

  • 界面活性剤
  • グリコールエーテール
  • 安定化剤
  • 除菌剤
  • 香料

 

主な汚れ落とし成分は、界面活性剤とグリコールエーテルですね。

特に、グリコールエーテルは溶剤に分類されるもので、油分や泥汚れに対して高い溶解力を発揮し、汚れを落とす働きがあります。

 

液性

洗浄成分は弱酸性となっており、これも他社商品と同じです。

弱酸性にすることで、時間の経った汚れ(特に尿石)を溶かしながら簡単に落とす効果があります。

これは非常に重要なことで、似たようなトイレクリーナーシートでも、液性が中性の商品を使っていると、擦っても全く汚れが落ちない...なんてことになりかねないので気をつけてください!

 

まとめ

これまでお伝えしたことをざっくり簡単にまとめると、この通りです。

  • 激落ちくん クリンぱトイレクリーナー は買い
  • トイレク○ックルやキレ○ラと成分がほぼ同じ
  • シートの厚みがすごい
  • 水流で一瞬で溶ける

まあ、あとはコスパや香りの好みで変わってくるかなと思います。

コスパは地域にもよりますが、他社製品と同じような値段感なので、大きな差は出ないでしょう。

香りは、個人的には「クリンぱ」は弱めな香りだと感じました。

トイレクイックルは独特なミントの匂いがしますし、キレキラはどの香りも強いイメージがあります。
そんな中、クリンぱはミントの香りと謳われてますが、うっすらと感じる程度だったので、芳香剤の強い香りがニガテな方にはおすすめです!